棒銀戦法の攻め方。矢倉囲いを急戦でふっとばす!

bougin-yagura

棒銀戦法と言えば将棋初心者におすすめされる戦法の筆頭ですよね!

理由は他の戦法に比べ攻めがわかりやすくて決まったときの破壊力が抜群!しかもその攻め方は他の戦法にも応用できるので覚えておいて損がない戦法だからです。

僕も棒銀推しです。

というわけで今回は僕の将棋ウォーズの実戦から、速攻棒銀で矢倉囲いを速攻で攻めつぶした将棋を紹介します。 「棒銀戦法の攻め方。矢倉囲いを急戦でふっとばす!」の続きを読む…

5手の詰将棋が難しい!?それなら4手詰めがおすすめ!

4tedume

詰将棋を解くのは終盤力を高めるためにすごく有効です。自玉や相手玉の即詰みの有無を見抜けるかどうかは勝敗に直結する部分と言っていいでしょう。

そんな終盤力を鍛えるために有効な詰将棋ですが、3手詰めから5手詰へのステップアップに高い壁があるように感じます。

なぜか?それは手数は2手しか増えていなくても、王手の手段やそれへの後手の対応などの全体の総手数が3手詰に比べて格段に増えてるからです。 「5手の詰将棋が難しい!?それなら4手詰めがおすすめ!」の続きを読む…

初心者におすすめの戦法は棒銀?四間飛車?

bougin-siken

初心者におすすめの戦法として紹介されることの多い棒銀と四間飛車。

それぞれが居飛車と振り飛車の代表的な戦法でもあり、これから先さらに戦法の多様化が進んだとしてもずっと指し続けられる戦法であることでしょう。

そしてこの先もずっと初心者におすすめの戦法として紹介されると思います。

しかし僕はこう思う。どちらが本当に初心者におすすめの戦法なのか!?そろそろ決着をつけてもいいんじゃないかと! 「初心者におすすめの戦法は棒銀?四間飛車?」の続きを読む…

高速棋譜並べ再開した結果…これ必須の勉強法だろ!

kousoku-kifunarabe

棋譜並べ始めました。

って、冷やし中華みたいな感じになっちゃてますが、とにかく始めました。

僕は今まで初段を目指すアマチュアの将棋の上達には詰将棋や囲い崩しなどの終盤の勉強や定跡の勉強の方が棋譜並べよりも重要だと思っていたのですが、すみません。僕が間違ってましたァァァ!

断言します。棋譜並べは上達するうえで必須の勉強法だということをッ!! 「高速棋譜並べ再開した結果…これ必須の勉強法だろ!」の続きを読む…

対四間飛車に▲6六角!力戦で勝負だ!

jisenki-23

自戦記第23回。

前回に続きリベラルさんとの対局です。

この対局の前にリベラルさんとは4局指しているのですが、その4局を通してリベラルさんの方が定跡の知識が僕よりも上だと感じました。

なので5局目である今回は定跡を外して力戦模様の将棋に誘導するという作戦です。

リベラルさんには4連敗してますからね、どうしても勝ちたかったのだ! 「対四間飛車に▲6六角!力戦で勝負だ!」の続きを読む…

先手中飛車対一直線穴熊!終盤まさかの大ポカ!?

jisenki-22

自戦記第22回。

今回はリベラルさんとの対局を紹介します。

リベラルさんは僕と同じように将棋のブログをやっており、僕とは真逆の振り飛車党のようです。

ブログはまだ始めたばかりで記事数はまだまだ少ないですが、これから自戦記などをアップしていくそうなので振り飛車党や打倒振り飛車の居飛車党の人はきっと参考になるブログになると思います。 「先手中飛車対一直線穴熊!終盤まさかの大ポカ!?」の続きを読む…

居飛車での戦法選択と対策(後手編)

gote-sentaku

前回の先手編に引き続き、後手番居飛車での戦法選択と対策を紹介します。

一応念のために言っておきますがあくまでも現時点での僕の考えであり、今後変わる可能性は大いにあります。というか絶対変わる。

もしかしたら3日後くらいに変わってしまうかも(笑)

「へぇ~、こんな感じで序盤の作戦を考えているんだー」くらいの気持ちで読むことをおすすめします。

あとこれ、前回の先手編の記事です。居飛車での戦法選択と対策(先手編)

後手編を読む前に読んでおくと少し理解度がアップする...といいですね。

「居飛車での戦法選択と対策(後手編)」の続きを読む…

居飛車での戦法選択と対策(先手編)

sente-sentaku

本棚に将棋の戦法の本は増えるけど、実際指せるレベルまでちゃんと読んでるの?ってなると怪しい僕。

いやー、本屋さんで将棋コーナー行くとつい買ってしまうことがあるのですが、買ってサラッと読んでそのままってことが多いんですよね僕。

そんなんだからでしょうか。序盤の知識中途半端で作戦負けのパターンが多いのが現状です。 「居飛車での戦法選択と対策(先手編)」の続きを読む…

負けを覚悟したら大逆転!将棋の終盤って怖いね

jisenki-21

自戦記第21回。

今回は相居飛車の力戦型です。

一手損角換わり模様から後手が△7二金と見たことない手を指し、そこから定跡を離れ力戦へ。

ただでさえ序盤がボロボロな僕なのに、見たことない指し手に意表を突かれたこともあってか中盤の入り口付近で一方的に馬を作られてしまうことに。

ずっとやりづらさを感じていて負けを覚悟したそのとき、まさかの結末に!
「負けを覚悟したら大逆転!将棋の終盤って怖いね」の続きを読む…