初心者におすすめの戦法は棒銀?四間飛車?

bougin-siken

初心者におすすめの戦法として紹介されることの多い棒銀と四間飛車。

それぞれが居飛車と振り飛車の代表的な戦法でもあり、これから先さらに戦法の多様化が進んだとしてもずっと指し続けられる戦法であることでしょう。

そしてこの先もずっと初心者におすすめの戦法として紹介されると思います。

しかし僕はこう思う。どちらが本当に初心者におすすめの戦法なのか!?そろそろ決着をつけてもいいんじゃないかと! 「初心者におすすめの戦法は棒銀?四間飛車?」の続きを読む…

居飛車での戦法選択と対策(後手編)

gote-sentaku

前回の先手編に引き続き、後手番居飛車での戦法選択と対策を紹介します。

一応念のために言っておきますがあくまでも現時点での僕の考えであり、今後変わる可能性は大いにあります。というか絶対変わる。

もしかしたら3日後くらいに変わってしまうかも(笑)

「へぇ~、こんな感じで序盤の作戦を考えているんだー」くらいの気持ちで読むことをおすすめします。

あとこれ、前回の先手編の記事です。居飛車での戦法選択と対策(先手編)

後手編を読む前に読んでおくと少し理解度がアップする...といいですね。

「居飛車での戦法選択と対策(後手編)」の続きを読む…

居飛車での戦法選択と対策(先手編)

sente-sentaku

本棚に将棋の戦法の本は増えるけど、実際指せるレベルまでちゃんと読んでるの?ってなると怪しい僕。

いやー、本屋さんで将棋コーナー行くとつい買ってしまうことがあるのですが、買ってサラッと読んでそのままってことが多いんですよね僕。

そんなんだからでしょうか。序盤の知識中途半端で作戦負けのパターンが多いのが現状です。 「居飛車での戦法選択と対策(先手編)」の続きを読む…

矢倉の勉強は大変なので急戦で

angry-man-274175_640

矢倉の勉強って大変じゃないですか?

他の戦法に比べて定跡の量が多いので、それらをカバーするのは正直なところ無理な話なんですよね。

それに矢倉は居飛車党同士での将棋で遭遇しますが、振り飛車党が比較的多いアマチュア間では矢倉よりも対振り飛車戦になる確率が高いような気がします。あくまで僕の経験ですけど。

なのでどうしても矢倉のみに勉強を集中するわけにはいかないんですよね。 「矢倉の勉強は大変なので急戦で」の続きを読む…

居飛車党が最低限覚えるべき戦法

ibisya-saiteigen

居飛車党って覚える戦法が多いって言いますよね。将棋を始めたばかりの初心者さんもどこかで聞いたことあるかと思います。

これ聞いて「居飛車は覚える戦法が多いから振り飛車にしよう」と感じる方もいるかもしれませんが、「いや、だからこそ様々な戦法を楽しめる!」と前向きに居飛車党への道を歩む人もいると思います。

今回はそんな前向きな居飛車党を目指すあなたに向けて、居飛車党が最低限覚えるべき戦法を紹介します。振り飛車党はスルーしてもいいですよ(笑) 「居飛車党が最低限覚えるべき戦法」の続きを読む…

効率の良い序盤の勉強と戦略について考えてみた

a0001_015575

「定跡なんて覚えるの面倒だ!」

「なんとか少なくて済む方法はないのーー?」

 

と、思ったことはありませんか?

将棋の定跡は膨大ですからね、覚えるとなると大変です。

しかも現代将棋は昔に比べ序盤の知識が重要視されるようになっており、ほんのちょっとの知識の差がそのまま勝敗に直結することが少なくありません。 「効率の良い序盤の勉強と戦略について考えてみた」の続きを読む…

先手中飛車戦法は相手に関係なく指せるのがいい

将棋の戦法って色々あるけど、僕としては常に同じ形に誘導できるものがいいと感じています。

なぜなら、経験や知識を一つの戦法に絞ることが出来るので、その戦法になったとき自信を持って指すことが出来るからです。

僕は基本的に序盤は穏便に指したいタイプで、なおかつ長考しちゃうタイプなんですね。

最近、将棋倶楽部24で持ち時間15分で指すことが多いのですが、いつも相手よりも先に時間を使っちゃいます。

慣れている戦法ですらそうなので、そうじゃない戦法だともう大変です(苦笑) 「先手中飛車戦法は相手に関係なく指せるのがいい」の続きを読む…

将棋初心者におすすめの戦法を考えてみた

osusume-senpou

将棋って色々な戦法がありますよね。

中飛車、矢倉、角換わり、角交換振り飛車…

様々な戦法があるのでそれはそれで楽しいのですが、これから将棋を指す初心者からするとどんな戦法から指せばいいのか迷うかと思います。

というわけで僕が個人的に考える初心者におススメの戦法を紹介します。

あ、ここで言う初心者は「駒の動かし方を覚えたばかり」を対象としますね。

「将棋初心者におすすめの戦法を考えてみた」の続きを読む…