対四間飛車に▲6六角!力戦で勝負だ!

自戦記第23回。

前回に続きリベラルさんとの対局です。

この対局の前にリベラルさんとは4局指しているのですが、その4局を通してリベラルさんの方が定跡の知識が僕よりも上だと感じました。

なので5局目である今回は定跡を外して力戦模様の将棋に誘導するという作戦です。

リベラルさんには4連敗してますからね、どうしても勝ちたかったのだ!

			
スポンサードリンク

5連敗するわけにはいかねぇ

4局連続で僕が後手でしたが今回やっと僕の先手。

正直アマチュアの将棋で先後はあまり関係ないと思うけど、なんとなく先手の方が好きなんですよね。

これは僕が居飛車党ということが関係してるかも。振り飛車党はどうなのかな?

待望の先手番を引いた嬉しさと4連敗の悔しさを晴らすため、この5局目は「絶対に勝つ!」という気持ちが強かったのを覚えてます。

 

初手から、▲2六歩△3四歩▲7六歩△4四歩▲4八銀△9四歩▲9六歩△4二飛▲5六歩△7二銀▲6八玉△6二玉▲7八玉△3二銀▲5八金右△4三銀▲2五歩△3三角で1図。

2016-11-03a

戦型は居飛車対四間飛車になりました。

1図で先手が持久戦を目指すなら▲5七銀として左美濃か穴熊へ。急戦なら▲3六歩~▲6八銀~▲5七銀左が一般的ですが、リベラルさんは僕よりも定跡の知識が豊富だと感じていたのでここで手を変更することにしました。

 

定跡型ではなく力戦へ

1図以下、▲6六角で2図。

2016-11-03b

▲6六角は次に▲8八銀~▲7七桂とし、ミレニアム囲いや地下鉄飛車を狙った手です。

全くの定跡外しというわけではないですが、▲6六角とする指し方はマイナーな指し方なのでちょっとくらい動揺を誘う効果はあるかなーと。

 

2図以下、△5二金左▲8八銀△5四銀▲5七角△7一玉▲7七桂△8四歩で3図。

2016-11-03c

△8四歩は次に△8三銀で銀冠を構築する狙いだと思いますが、▲同角で歩を取られるので△6四歩、△4五銀、△2二飛など別の手の方が良かったと思います。

ちなみに△7一玉で△6五銀(参考1図)とする手があります。(下の図は△4五銀となっており編集ミスです。)

2016-11-03q

以下、▲2四歩△同歩▲同角△2二飛▲2五歩△5六銀▲6八角△2三歩▲3六歩(参考2図)が一例です。

2016-11-03r

これはこれで一局です。

 

3図以下、▲同角△8三銀▲5七角△4五銀で4図。

2016-11-03d

後手の玉頭の歩をパクッと頂く事が出来たのは嬉しいですね。

△4五銀は次に△5六銀と歩を補充しつつ角取りの狙いがあります。それが来る前に動きたいところです。

 

4図以下、▲2四歩△同歩▲2三歩△5六銀▲2四角△同角▲同飛△2二歩▲同歩成△3三角で5図。

2016-11-03e

▲2四歩と仕掛け飛車先突破に成功。5図は先手優勢に近い局面です。

5図で僕は▲3二とと指したのですが、▲2六飛としておけばさらに優勢を拡大できたと思います。△2二飛と飛車交換を迫りながら銀取りを避けようとしても▲2三歩△4二飛▲5六飛で銀を取れます。

 

5図以下、▲3二と△2四角▲4二と△同金▲2二飛△2八飛で6図。

2016-11-03f

6図では次に後手から△6八角成~△2二飛成と王手してからの飛車を素抜く狙いがあります。角を切って飛車を素抜く筋は振り飛車全般に狙い筋としてありますね。

ただ、本局の場合は後手の陣形がまとまってないですし、通常は角を切るときに駒を取りつつ王手なのに対し本局は駒を取らずの角捨てなので駒の損得は飛車角交換だけで済みます。

なのでその筋を食らってもそんなに先手悪くないと感じていました。

 

6図以下、▲2一飛成△6八角成▲同金上△2一飛成で7図。

2016-11-03g

▲2一飛成と桂を取り、飛車を2一の地点で取らせるのがポイント。ここで僕はある手を狙っていました。

 

7図以下、▲5七歩△4五銀▲6五角で8図。

2016-11-03h

▲6五角の両取りが狙っていた手です。

ただ、これは▲5七歩に対し後手が△4五銀と逃げてくれたから実現できたわけであり、△4五銀と逃げずに△2九龍としてきたら互角だったと思います。

でもなんとなく銀を引く気がしたので自信を持ってこの順を選ぶ事が出来ました。

 

8図以下、△2九龍▲8三角成△7二金▲6五馬△8三歩▲4六歩△5六銀▲同馬△1九龍で9図。

2016-11-03i

陣形の差、駒得、手番を握っている。以上の理由により9図は先手優勢の局面だと思います。まぁ、優勢と言ってもここから勝つのが難しいんですけどね、将棋って。

 

あ、詰めろがあったのね

9図以下、▲7九銀△8四香▲2九歩△2八歩▲6五角△8二玉▲7五桂△7四桂▲5九銀△2九歩成▲同馬△同龍▲同角△8七香成▲6九玉△8九飛で10図。

2016-11-03j

もう終盤ですね。ん?かなりざっくり進めてる?いやー、全部を検討してたら時間無いじゃないですか。気になった部分だけ見るのが僕のやり方です。

はい、というわけで10図。先手の玉の右側が金銀で壁になっており守りに全く働いてないどころか逃げ道封鎖しています。

何か駒を渡した瞬間に詰まされる危険性大という非常にデンジャラスな状況ですね。仮に金や飛車といった横に効く駒を渡そうものなら△7九飛成▲同玉△8八銀▲6九玉△7九金(飛車)までです。

 

10図以下、▲8五飛で11図。

2016-11-03k

▲8五飛は次に△7七成香とされたら▲8九飛で飛車を取る手を用意したものです。しかしここでは▲8四歩が良かったと思います。

次に▲8三歩成からの詰めろですし、△同歩でも▲8三銀△同金▲6二飛(参考3図)です。

2016-11-03s

先手玉も気持ち悪い形していますが、非常時に▲4八金とすれば脱出口が開けます。

 

11図以下、△8八角▲4八金△7九角成▲5八玉△7八成香▲8九飛△6八成香▲同銀△8九馬で12図。

2016-11-03l

この12図も11図同様▲8四歩が良かったと思います。次に▲8三歩成からの詰めろです。こういうところで詰めろを見抜くのが終盤強い人の特徴なんでしょう、きっと。

 

12図以下▲8五飛△3九飛▲8六香で13図。

2016-11-03m

秒に追われ正直どう指せばいいかわからなかったので、とりあえず飛車を打って馬取り。

そして△3九飛と馬取りを受けられつつ角取りに打たれたところで、▲8六香から強引に詰めろを掛けて8筋突破を目指します。

 

13図以下、△8四銀▲8三桂成△同金▲8四飛△同金▲同香で14図。

2016-11-03n

△8四銀とガッチリ銀を打たれましたが、そんなのシカトで強引に攻めて14図。

ガンガン攻めていますが攻めが切れたら負けだと思っていたので結構焦っていたのを覚えています。

というか終盤はいつも焦るよね(笑)

 

14図以下、△7二玉▲5一銀△5二金▲4三銀で15図。

2016-11-03o

後手は△7二玉と逃げましたが▲5一銀が詰めろ。その詰めろを回避する△5二金にも▲4三銀として詰めろで迫ります。△同金と銀を取ると▲6二金で詰みです。

後手は王手を回避する際△7二玉と玉を動かすのは香の利きが通ったままで玉の逃げ道が狭くなるので、無難に△8三歩と受けたほうが良かったかもしれません。

△8三歩には▲6一銀と詰めろを掛ける手がありますが、△7二金(参考4図)でまだ難しかったと思います。

2016-11-03t

 

15図以下、△6一玉▲5二銀成△同玉▲4二金△6一玉▲6二金で投了。

2016-11-03p

▲4三銀と詰めろを掛けた段階で後手玉はほぼ受け無し。△6一玉は自分から即詰みを誘発しますが他に指す手も難しかったと思います。

 

反省

序盤の後手の△8四歩が早すぎたかなーと思います。

直後▲8四同角でタダで取られるのはあまり良くないかと。しかも玉頭の歩ですからね、タダで取られるにしては他の筋の歩よりも痛いです。

今回の将棋はその早めの△8四歩をとがめることが出来たと思います。

 

あと、今回のように序盤で▲6六角と出る将棋は四間飛車だけでなく三間飛車など他の振り飛車相手にも使えると思うので、もうちょっと指して自分なりにコツをつかんでいきたいですね。

定跡書ではあまり扱っていない指し方なので、一方的にペースを握ることも狙えそうです。

 

振り飛車党のリベラルさんには4連敗してたので、今回もし負けてたら対振り飛車戦において強烈な苦手意識を植え付けられるところだったかもしれません。

それどころか振り飛車党に転進してたかも(笑)勝てて本当に良かったです。

リベラルさん対局ありがとうございました。またお願いします!

(棋譜を見やすい将棋盤で表示するために,Fireworks さんが作成されたアニメーション付棋譜再現プレーヤー 「フラ盤」を使用させていただいています.)


スポンサードリンク
記事が役に立ったら応援お願いします。歩一枚分強くなるかも!?
↓↓↓

将棋 ブログランキングへ

コメントを残す