右四間飛車ってどんな戦法?ザックリ解説します!

数ある将棋の戦法の中でもその暴れっぷりはまさに暴君。

破壊力抜群で特に初心者勢を恐怖のどん底に突き落としている戦法をご存知でしょうか?

もしあなたが「攻めて攻めて攻めまくりたいという棋風ならばきっと得意戦法にしたいと思うはず!

というわけで今回はそんな超攻撃的な戦法である右四間飛車についてザックリと紹介しますね。

			
スポンサードリンク

あっ、そうそう!具体的な定跡手順などの説明は省略します。そのあたりは他に良質なサイトやブログがあるのでそちらを参考にしてください。

準備するのが面倒とか思ってませんて!あはは。

 

右四間飛車とは?

右四間飛車の構え

1図は先手が右四間飛車に構えたところです。

飛車を右から数えて四番目に配置すればそれだけで「右四間飛車」と言ったりしますが、戦法として言う場合は右銀を5六の地点に配置する腰掛け銀と4筋に飛車を配置してのセットで言う場合が多いです。

 

・腰掛け銀にする

・飛車を右から四番目に配置する

 

この2つで完了です。ちなみに戦法の分類としては居飛車戦法に分類されます。

 

右四間飛車の基本的な狙いは4筋からの殺到です。4筋を中心に戦いを起こし、そのまま一気に攻めつぶすという単純明解なものです。

下の図をよーく見てください。後手の矢倉囲いに▲2五桂~▲4五歩と仕掛けたところです。はいこれ、すでに後手がつぶれています。

右四間飛車で矢倉囲いを潰す

先手の角筋が強力で後手はこの歩を取る事ができません。△同歩とすると後手の玉は角で取られてしまいます。

なので指すなら△5三銀と援軍を送るくらいですが、▲4四歩△同銀に▲同飛!(3図)が豪快な一手。

飛車を切って豪快に攻める

3図以下、△4四同金▲同角△3三桂▲7一角成で先手優勢です。

さすがに実戦ではこんなにうまくいくことはほとんどないですが、タイミングを見計らって▲4五歩と開戦。そのまま攻め切ってしまうのが右四間飛車の理想的な勝ちパターンです。

 

4筋を集中砲火という狙いがお分かりいただけたと思います。単純が故にその破壊力は抜群です。

しかも仕掛けの権利は右四間飛車側にある場合が多いので、仕掛けの準備が整うまでしっかりと玉を固められるという安心感もあります。

ドラクエで例えるならスクルトをガンガンかけて全員でメラゾーマを連発するような戦い方です。って、ちょっと違うか!

 

ただ、狙いが単純というのは考えようによっては「受けやすい」と捉えることができ、相手が強くなればなるほど単調に4筋を攻めるだけでは受け切られてしまいます。

なので強い人が相手の場合は4筋からの攻めを見せつつ他の部分で少しずつポイントを稼ぎ、別方面から仕掛けを狙うこともあります。

 

居飛車にも振り飛車にも使える!

右四間飛車は相手が居飛車でも振り飛車でも使えます。

攻撃陣は基本的に「腰掛け銀にして飛車を右から四番目にセット」という形にさえできればよく、玉の囲いはその時々に対応すればいいだけなので序盤がわかりやすいんですよね。

右四間飛車とカニ囲い

相居飛車ならカニ囲いにするとか。(通常カニ囲いの右金は5八の地点ですが、画像の5九金型の方が飛車打ちに強いので飛車を切る攻めをやりやすいです)

 

右四間飛車と穴熊

対振り飛車なら一直線に穴熊を目指すとか。

攻撃力だけでなく序盤のわかりやすさも売りなので、序盤を複雑にしたくない人にもオススメの戦法と言えます。

 

相手が△4四歩としない場合は使えない⁉︎

右四間飛車は4筋に攻め駒を集中させてそこから一気に仕掛ける狙いがあるのですが、それには相手に△4四歩と角道を閉じててもらう必要があります。

ここ、ちょっとわかりづらいと思うので具体的に説明しますね。

 

基本的に将棋の攻めは歩をぶつけるところからスタートします。

右四間飛車は▲4五歩(後手なら△6五歩)からの歩のぶつけを狙っているのですが、相手が△4四歩を保留したままだと少しやりづらい部分があります。

角道閉じてない相手に右四間飛車は使いづらい

6図(画像では5図)は後手の矢倉に対し先手が右四間飛車を狙った局面ですが、ここで先手が▲4五歩としても歩がぶつからないのですぐに戦いになることはありません。

なので相手が4筋を突いてこない場合は別の戦法に切り替えるか、もしくは何とかして突かせるよう工夫する必要があります。

 

もしあなたが右四間飛車を相手にするのを避けたいのであれば、なるべく4筋の歩を突かずに保留するのが一番手っ取り早いです。

ただそうすると別の筋が生じることがるので、その筋と右四間飛車を受けるのを比較検討する必要があります。

まぁ、個人的には逃げてばかりじゃいつまでも強くなれないと思うので、右四間飛車への対策を何か一つ用意するほうがいいと思います。最近はYouTubeなどでも対策を公開している人もいて勉強には困らない環境が整っていますしね!

ちなみに僕は△4四歩と角道を閉じずに駒組みを進めることが多いので右四間飛車に出くわすことはあまりありません。なのでもし遭遇したら軽くパニックなります。あちゃーー。

 

はい!かなりザックリではありますが右四間飛車の特徴を紹介しました。

相手が△4四歩(先手相手なら▲6六歩)としてこないとやりづらい部分はありますが、逆にそうしてきたら常に右四間飛車一本で行くという戦法選択もアリです。

決まった時の破壊力と爽快感は格別なので、ガンガン攻めたいという人は一度試してみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク
記事が役に立ったら応援お願いします。歩一枚分強くなるかも!?
↓↓↓

将棋 ブログランキングへ

コメントを残す