【美濃囲い崩し】横からの崩し方

振り飛車の囲いの中で最もポピュラーなのがそう、美濃囲いですよね!

対居飛車だろうが相振り飛車だろうが美濃囲い一本と決めている人もいるかと思います。振り飛車党にとって一番お世話になっている囲いと言っても過言ではないでしょう。

しかし、居飛車党にとってこの美濃囲いは少々厄介な囲いです。特に急戦で終盤の美濃囲いの堅さに悔しい思いをした人は僕だけじゃないはず!

もうそんな犠牲者を出さないためにも今回は美濃囲いを横から崩す攻め方を紹介します。

			
スポンサードリンク

美濃囲いの急所は7一の地点

美濃囲いを横から崩す場合、7一の地点を狙う筋が急所になります。今回はそれの基本的な攻め方を2つ紹介します。

1つ目は直接角打ちを狙う攻め方で、2つ目は間接的に角の利きを効かす攻め方です。

では早速、横からの崩し方を見ていきましょう!

 

▲7一角を狙え!

2015-09-12a

美濃囲いがしっかりとしていますが、先手は竜と豊富な持ち駒を使って一気に美濃崩しに掛かります。

そのための第一歩が▲5三銀(2図)です。

2015-09-12b

はい、ほとんどこれで決まってます。

次に▲5二銀成△同金▲7一角の詰みを狙っています。後手は▲7一角を打ち込まれてはまずいので△同金と応じて3図。

2015-09-12c

先手は銀を犠牲にして5二の金を動かしました。これにより美濃囲いの守備力が弱体化します。6一の金がいなくなれば▲7一角が実現するので、その狙いを実現させるための手と言えば…

そうです、▲6二銀(4図)です。

2015-09-12d

2枚の銀を捨ててでも▲7一角を狙うのが急所です。△同金なら待望の▲7一角(5図)が実現しますし、取らなくても▲5三銀成や▲7一角△同金▲同竜などがあり後手陣崩壊です。

2015-09-12e

▲7一角△9二玉なら▲6二角成です。

では、もう1つ別パターンの横からの美濃崩しを紹介します。

 

必殺両王手!

2015-09-12f

5二に金がいない片美濃囲いです。片美濃囲いはゴキゲン中飛車に多い囲いですね。今度はこの囲いを攻略します。

先ほど紹介したとおり6一の金がいなくなれば▲7一角があるので、まずはその筋を狙い▲6二香(7図)と打ちます。

2015-09-12g

△同金なら▲7一角が決まるので後手は△7一金と逃げますが、そこで▲5三角(8図)が急所の7一の地点を狙った厳しい一手です。

2015-09-12h

8図でもし△9五歩などとすると、▲7一竜△同玉▲6一香成(9図)の両王手が決まります。

2015-09-12i

△同玉は6二金の詰みですし、△8二玉は▲7一角成△9二玉に▲7二馬や▲6二成香が厳しいです。

 

まとめ

以上が美濃囲いを横から崩す攻め方です。

飛車が一段目にある場合は7一の地点がとにかく急所です。その地点に角や銀といった斜め後ろに利く駒を打ち込めば美濃囲いは一気に弱体化します。

敵陣にうまく飛車を成りこんだ場合は真っ先に考えたい筋ですね!

美濃囲いは横よりも上から攻められるほうが苦手なので、上から攻める手筋も合わせて覚えれば美濃囲いの堅さが豆腐のように柔らかく感じるかもしれません。ってさすがにそりゃ無いか(笑)

【美濃囲い崩し】縦からの崩し方


スポンサードリンク
記事が役に立ったら応援お願いします。歩一枚分強くなるかも!?
↓↓↓

将棋 ブログランキングへ

コメントを残す