先手中飛車対策はとりあえず穴熊

2015-03-26b

自戦記第3回。

将棋倶楽部24、レーティング対局室11級タブでの実戦です。

今回は先手中飛車対後手居飛車穴熊の将棋で僕が後手です。

先手中飛車はよく指しますが、相手にするときは居飛車で対抗すると決めています。元々相手が振り飛車模様なら相振りよりも居飛車で指すのが好きなんですよね。

ただ、先手中飛車には対策という対策は用意してないのが現状で、「とりあえず玉を堅くすれば何とかなんじゃね?」という考えのもと穴熊採用です(笑)

今回はまさにそんな感じの内容。

「先手中飛車対策はとりあえず穴熊」の続きを読む…

棋風って何?自分の棋風を知るには?

今回は棋風についてちょっと考えてみたいと思います。

棋風とは「その人の指し手の特徴」のことを言います。例えば同じ局面があった場合、A君は攻めの手を選ぶけどB君は受けの手を選ぶといった感じです。

ちなみにウィキペディアでは以下のように紹介されていました。

棋風(きふう)とは、将棋や囲碁、チェスなどのボードゲームにおけるその人の着手の特徴のことである。

「棋風って何?自分の棋風を知るには?」の続きを読む…

対先手向かい飛車で思わぬ決着!

2015-03-15c

将棋倶楽部24での実戦。11級タブです。

相手が先手で僕は後手。

相手の方が趣向を凝らして向かい飛車にし、対する僕は普通に居飛車で迎え撃つという構図です。

普通と言っていますが、対向かい飛車はよくわからないので指してる最中はドキドキだったけどね。

「対先手向かい飛車で思わぬ決着!」の続きを読む…

ノーマル四間飛車と角交換四間飛車の違い

kakukoukan-sikenbisya

最近流行の角交換四間飛車

藤井猛九段が採用し始めたのがきっかけでプロ間で採用する人が増えました。

アマチュア間でももっぱら人気ですよね!

駒組みのわかりやすさと従来の振り飛車よりも積極的に攻めていけるところが、その人気の一翼を担っているのではないでしょうか。 「ノーマル四間飛車と角交換四間飛車の違い」の続きを読む…

序盤で飛車先を決めるメリットとデメリット

将棋の序盤のちょっとした知識や定跡についてお話します。

今回は飛車先を決めるメリットとデメリットについてです。

初手から▲2六歩△3四歩▲2五歩とする変化のことですね。

この手は名人戦で森内さんが採用したことで話題になりました。

それまでは「飛車先を決めるのは先手が形を決めすぎているため損だ」といわれていましたが、名人戦の舞台で登場したことをきっかけに「あれ、案外先手やれんじゃね?」という考えになりつつあります。

僕自身後手をもってこれをやられるのはちょっと嫌なので、遭遇したときのために対策を立てないといけないというのが現状です。

「序盤で飛車先を決めるメリットとデメリット」の続きを読む…

序盤

先手中飛車戦法は相手に関係なく指せるのがいい

将棋の戦法って色々あるけど、僕としては常に同じ形に誘導できるものがいいと感じています。

なぜなら、経験や知識を一つの戦法に絞ることが出来るので、その戦法になったとき自信を持って指すことが出来るからです。

僕は基本的に序盤は穏便に指したいタイプで、なおかつ長考しちゃうタイプなんですね。

最近、将棋倶楽部24で持ち時間15分で指すことが多いのですが、いつも相手よりも先に時間を使っちゃいます。

慣れている戦法ですらそうなので、そうじゃない戦法だともう大変です(苦笑) 「先手中飛車戦法は相手に関係なく指せるのがいい」の続きを読む…

石田流三間飛車の対策はとりあえず4二玉型で

2015-02-12a

今回から僕の自戦記を載せていきたいと思います。

理由はブログで自戦記を紹介することで自分が指した将棋を振り返りることになるので、棋力アップになると感じたからです。

うん、我ながら向上心あるね!(自分で言うなよ)

あと解説のほうはあまり期待しないでください。
現在将棋倶楽部24で12級の僕の読みは穴だらけだと思うので。

まぁ、色々気になる点はあるかと思いますが、温かい目で見てやってください!

というわけで早速第1回目の自戦記解説始まり始まりーー。 「石田流三間飛車の対策はとりあえず4二玉型で」の続きを読む…